以下のカジノへ旅行される際には、ぜひおすすめレストランも一緒に訪れてみてください。

レストラン・ガイ・サヴォイ、ラスベガス・シーザーズパレス内

ラスベガスのレストラン・ガイ・サヴォイは、単に軽食を取るだけでなく、忘れられないセッティングで美味しい食事をゆっくりと味わいたい方におすすめです。このレストランは、同じオーナーのパリにある同名のレストランをモデルにしています。

ロブション・オ・ドーム、マカオ・グランドリスボア内

フォアグラを詰めた家禽のキャラメリゼや、黒トリュフのマッシュポテトなど、ミシュラン3つ星のシェフ・ロブションが腕を振るうモダンな高級料理が、マカオで一番の景色の中、お召し上がりいただけます。

ル・トラン・ブルー、モナコ プラク・ド・カジノ内

店名からフランスの高級レストランを想像されるかもしれませんが、このレストランでは世界でも有数の「オート・イタリアン」を提供しています。シェフ・ド・キュイジーヌのティエリー・サエズ=マンザナレスは、ラングスティーヌ、天然魚、仔牛のサルティンボッカなど、イタリア中心部にいるかのような料理を用意してくれます。

ボビー・フレイ・ステーキ、アトランティックシティ・ボルガタ内

ボビー・フレイ・ステーキは、ボードウォーク・エンパイアの定番メニューで、あらゆるレベルで期待以上のお味を提供しています。店内に入ってもランプ&チップスは出てきません。代わりに「スパイスラブドサウスウェスト・リブアイ」などお店を代表する料理が出てきます。

ワクギン、シンガポール・マリーナベイサンズ内

こちらは特別な高級ダイニングイベントであり、訪れるチャンスに恵まれるのは、ごく限られた幸運な人たちだけだそうです。オーストラリアの新鮮な旬の食材を、フランス料理の技法と日本食流の盛り付けで提供されます。これはまさに生涯に一度あるかないかの貴重な体験となります。

カフェ・マルチニーク、バハマ・アトランティス内

料理長のジャン=ジョルジュヴォンゲリッヒテンは、斬新なメニューを考案することで有名です。新鮮な地元の食材とフランス料理の味をブレンドした、激しくも繊細な地中海料理とフランス料理のフュージョンが、この店のおすすめだそうです。ひょっとしたら、お好きなフランスの伝統料理を発見できるかもしれませんね。

ロックプール・バー&グリル、メルボルン・クラウンカジノ内

この店は、最高級の食材だけを使ったレシピにこだわっており、看板メニューのドライエイジングビーフがリピーターの心をつかんで離しません。デヴィッド・ブラックモアのパーチドフルマロー和牛や、プロヴニールのドライエイジンググラスフェッドステーキなど、世界最高峰の牛肉を堪能できます。

ベッシュ・ステーキ、ニューオリンズ・ハーラーズカジノ内

音楽とカラフルな環境、そして象徴的なジョージ・ロドリゲスの青い犬の絵。ジョン・ベッシュ氏はこの環境にぴったり合うステーキハウスをオープンしました。肉食中心でベジタリアン向けのメニューはほとんどありませんが、ステーキ好きにはたまらないでしょう。

モンテカルロリゾート、モナコ

ル・ルイ・キャーンズ – アラン・デュカスは、美しいホテル・ド・パリ内にある有名シェフのフラッグシップレストランです。マジョラムをちりばめたシーバスとロースト・スパイニーアーティーチョーク、エスプレットペッパーで味付けして暖炉で調理した子羊など、地中海料理のインスピレーションを受けた料理が楽しめます。

アトランティス、バハマ

カフェ・マルティニークの料理は、ドレードのクロワット焼きや、ロブスター・テルミドール、コック・オ・ヴァンといった伝統料理を美味しくアレンジしています。ワインリストには、31種類のシャンパンが並んでおり、かなり秀逸です。